ADRセンターの活動紹介

行政書士ADRセンター新潟
〒950-0911
新潟市中央区笹口3丁目4番地8
 新潟県行政書士会館内
Tel 025-248-1038
http://www.niigata-
      gyousei.or.jp/adr/

アクセスマップ

調停の流れ その2

調停フロ-図その24.相手方への呼びかけ

 調停の申し込みをお受けした後、トラブルの相手方に対し調停の申込をいただいたこと、当ADRセンターで行う調停の趣旨などを詳しくご説明し、調停にご参加くださるよう手続管理委員が粘り強く呼びかけを行います。

5.相手方が応諾された時

 相手方が呼びかけに応じてくださった時は、申込人に対して行ったと同様「行政書士ADRセンター新潟」の事務所までお運びいただき、手続管理委員が相手方のお考えを公正・中立な立場でお聞きするとともに、当センターが行う調停の内容や今後のスケジュールを詳しく説明させていただきます。

 相手方が納得され、調停への参加依頼をいただきましたら、調停人を選任するとともに双方のご都合を伺い、第1回調停期日を決定させていただきます。

6.相手方が拒絶された時

 相手方のご納得が得られず調停参加を拒絶された場合、残念ながら調停手続は終了となります。その際はお預かりした「第1回調停期日手数料」3,810円(消費税別)はお返しさせていただきます。

 

|前ページへ|  |全体の流れ図へ|