HOME >> 法人に関すること

法人の設立認可、定款・議事録の作成など

会社設立のメリットは?

社会的信用性が高く、資金の調達にも有利です。

会社の種類を教えてください。

株式会社、合資会社、合名会社、合同会社があります。

有限会社は平成18年5月1日以降廃止となりました。

既存の有限会社はどうなりますか?

株式会社として存続しますが、一部が通常の株式会社と異なる「特殊有限会社」として存続することになります。

会社の定款とは何ですか

定款とは会社の基本規則です。会社の商号・目的・所在地・資本金など必ず決めておかなければならない事項がいくつかあります。

商号にローマ字を使っていいのでしょうか??

平成14年11月1日以降、ローマ字(大文字・小文字)のほかアラビヤ数字や「,」コンマ、「−」ハイフン、「.」ピリオド、「・」中点なども使えます。。

定款認証とはどういうことですか

会社設立の際、書面や電磁的記録で作成した定款を公証人役場において認証される(認められる)と公文書となります。設立登記申請の際、添付書類となります。

定款変更したときは、公証人による認証が必要ですか?

会社設立登記後は定款に規定する事項に変更があっても認証は必要ありません。
認証は新たに株式会社などを設立する場合にのみで、会社合併・組織変更などによる会社設立により作成された定款も認証は必要ありません。

株式会社の取締役・監査役の任期とその変更について、教えてください。

原則、取締役は2年、監査役は4年ですが、非公開会社(株式の譲渡を制限している会社)に限り、定款の定めることにより取締役・監査役は選任後10年まで伸長することができます。ただし、監査役は非公開会社ではおかなくてもかまいません。また、役員変更をする際は、定款変更手続きをするか、新しく定款を作成する必要があります。

1円で作れる会社があると聞きましたが?

会社法改正により、出資額の規制がなくなったため、1円でも会社を設立できるようになりました。また、設立5年内に最低資本金(株式会社は1,000万円)への増資も不要となりました。

会社設立登記が終了した後は、どこに届出、申告が必要ですか?

税務署、社会保険事務所、労働基準監督署、県税事務所、市町村役場などがあります。主に法人設立届などですが、届出をしないで不利になることがあります。。

株式会社以外の法人を教えてください。

社団法人、財団法人、学校法人、宗教法人、社会福祉法人、各種組合、NPO法人地縁団体(自治会・町内会等)などがあります。 。