HOME >> 建設業に関すること

建設業に関すること トップページ

行政書士が扱うことが出来る官公署に提出する書類等の数は数千にも及びますが、その中でも建設業許可申請など建設業に関する手続の書類は代表的なものです。

ここでは建設業許可やそれに関係する手続に関する情報を掲載しております。新潟県内の建設業許可取得を考えている建設業者様や公共工事への入札を希望する建設業者様はぜひお読みください。

1,建設業許可が必要な場合、許可を取るメリット、許可申請の費用 »

そもそも建設業許可とはどのような場合に必要なのか?取るとどんなメリットがあるのか?そして、取るのにどのくらいかかるのかをまとめました。

2,建設業許可の種類 »

一口に建設業許可と言いましても、いくつか種類があります。

3,建設業許可の要件 »

誰でも建設業許可を取れるというわけではなく、許可を取るために満たしていないといけない条件があります。

4,建設業許可申請の実際(新規取得を例に) »

新規に建設業許可を取得する際の手続の流れをまとめました。

5,建設業許可 変更の届出 »

変更が生じた場合や、毎年の決算後に必要となる手続きについてご説明いたします。

6,建設業許可 更新申請 »

建設業許可は一度取ったら、後は何もしなくて良いというわけでなく、役員などに変更があれば届け出なくてはいけませんし、5年ごとに更新も行わないといけません。これらの手続を忘れることがないようご注意下さい。

7,申請・届出手続きに必要となる書類 »

建設業許可などの手続に必要な書類を手続ごとにまとめました。

8,公共工事に入札参加できるまでの流れ »

公共工事に入札参加を希望される建設業者様はお読み下さい。

9,経営事項審査について »

経営事項審査は、公共工事に入札参加する際に必要となる手続です。

10,行政書士に依頼するメリット »

建設業許可などの手続は行政書士におまかせ下さい。行政書士に依頼していただきますとこのようなメリットがございます。

11,Q&A »

建設業許可について、よくある質問と回答をまとめました。

行政書士検索

△トップに戻る