HOME >> 行政書士に依頼するメリット

建設業に関すること

行政書士に依頼するメリット

建設業許可は手間を惜しまなければ、自分で出来ないことはありませんし、行政書士に依頼すると行政書士への報酬が発生いたします。しかし、行政書士に依頼していただければ、次のようなメリットがございますので、自分で手間を掛けるより、行政書士に依頼した方が良さそうだ と感じていただけましたら、ぜひお近くの行政書士にお声をお掛けください。

目次

  1. 手間の軽減と申請までの時間の短縮
  2. 個々のケースに応じた適切なアドバイス
  3. 許可後の手続も安心
  4. 法律改正への対応
1,手間の軽減と申請までの時間の短縮

行政書士は依頼者に代わり、建設業許可申請書類の作成、添付書類の収集、役所との打合せなどを行います。また、書類の代理提出を行うことも出来ます。行政書士は建設業許可手続を熟知しておりますので、スムーズに手続を進めることが可能です。

行政書士に依頼していただければ、相談のために何度も役所に足を運ぶ、何十枚にも及ぶ書類の作成、書類の不備を指摘される度に書き直し といったわずらわしさから開放されますので、本業に専念していただくことが可能です。

△目次に戻る

2,個々のケースに応じた適切なアドバイス

一口に建設業許可と言いましても、

どの業種で許可を取ればよいのか?許可の条件を満たすために何をすればよいのか?後継者の代になっても許可を維持するにはどうすればよいか? 

など、考えなければいけないことはケースバイケースですから、何でも良いから許可を取れれば良いというわけではありません。

行政書士は、ただ建設業許可手続を代わりに行うのではなく、個々の事情をお聞きした上で、どのようにしていけばよいのか適切なアドバイスを行い、サポートいたします。

△目次に戻る

3,許可後の手続も安心

建設業許可は一度取ったら、後は何もしなくて良いというわけではありません。5年に一度、許可を更新しなくてはいけませんし、許可を更新するためには、毎年、決算や工事の経歴を報告する書類を提出し、商号・所在地・代表者などに変更があれば、その都度変更を届け出ないといけません。

これらの手続を忘れていますと、せっかく取った許可が失効し、また取り直しとなってしまい、工事の受注にも影響が出てしまいます。

行政書士は、建設業許可後の手続についても熟知しておりますから、許可後に必要な手続についてもアドバイスし、手続のし忘れを防ぎます。

また、公共工事への入札を考えていらっしゃる方は、経営事項審査や入札資格審査申請といった手続が必要になりますが、ここでも行政書士はお力になります。

△目次に戻る

4,法律改正への対応

新築物件を引き渡した建設業許可業者は、平成22年より住宅瑕疵担保履行法に基づいた届出を行うよう義務づけられました。

このように建設業を取り巻く法律は、新しく作られ、変わっていきます。法律の改正に気付かないままでいると、知らないうちに法律違反をしていた、新しく必要になった手続を行うことが出来なかった という事態が起こりえますが、行政書士は、法律の改正について情報を有しておりますので(行政書士会から会員へ情報提供を行っております)、法律が変わった際の対応も安心です。

行政書士検索

△トップに戻る

(このページは平成22年11月現在の情報に基づいて作成しております。)